あなたの本気に応えます!
「カラダ改造」専門トレーナー  糸井克徳  公式サイト

たぶん日本一厳しいトレーニング(糸井式トレーニング)で「一生涯のカッコいい身体」の提供をお約束します

TOP ≫ 幅広い背中を作るためには

幅広い背中を作るためには

お客様からの質問
幅広い背中を作るにはどんなエクササイズが有効ですか?』との質問を受けましたが、バリエーションはたくさん存在します。それでは必要なエクササイズをいくつか紹介しますね。

 


幅を広げるためには、背面で一番面積を占めている「広背筋」を刺激する必要があります。
そして広背筋に対して大きくストレッチがかかるエクササイズを導入しましょう。

 


〇ダンベルワンハンドローイング
 → これは高重量も扱えますし、ストレッチの範囲も大きいです。私の中ではベストエクササイズです。

 

〇ワイドグリップチンニング
 → グリップを広く握ることによって、広背筋に対するストレッチが大きくなります。ただし、その分強度も上がります。

 

〇Tバーローイング
 → グリップの持ち手が、身体の正中線に寄るので、広背筋のストレッチが自然と大きくなります。ただし、専門的な器具(マシン)が置いてあることが少ないです。

 

〇シーテッドケーブルローイング
 → マシンローイングに比べてケーブルでの牽引力が広背筋に刺激が入りやすいです。ただし、高重量で行うと下半身の反動を使ったエクササイズになりやすいので、注意が必要です。

 

〇ワイドグリップラットプルダウン
 → ワイドグリップチンニングと同じような効果が得られます。疲労した状態でも行うことができるので、セッションの後半に持ってきても割かし効かせやすいです。

 

 

 

以上に上げたエクササイズは背中の幅を広げるために効果的なエクササイズとなります。もちろん、それ以外の背中の種目(ベントオーバーローなど)でも刺激は入りますが、今回は広背筋に対する「ストレッチ系」に焦点を合わせました。


幅広い背中はマッチョを目指す人なら必ず行わなければならないマストエクササイズになりますので、是非とも取り組んでみて下さい。

情報発信

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!