あなたの本気に応えます!
「カラダ改造」専門トレーナー  糸井克徳  公式サイト

たぶん日本一厳しいトレーニング(糸井式トレーニング)で「一生涯のカッコいい身体」の提供をお約束します

トップイメージ

TOP ≫ プロテインを摂取するのにベストなタイミングとは

プロテインを摂取するのにベストなタイミングとは

お客様からの質問
プロテインの摂取するのにベストなタイミングはありますか?』との質問を受けましたが、トレーニングをした日だけに関わらず幾つかありますので、紹介しますね。

 


まずはプロテインの役割ですが、栄養補助食品の一つで栄養素の中の蛋白質を効率的に摂取することができるサプリメントのことです。

プロテイン1杯で約20gの蛋白質を摂取することができます。

食品で蛋白質を20g摂取する時は、鶏肉なら約100g、納豆なら約3パックほど食べなければなりませんが、プロテインならコップ1杯で20g摂取することが可能です。

 


摂取するタイミングですが、優先順位が高いのはトレーニング直後です。トレーニング直後は、成長ホルモンが分泌されています。この成長ホルモンは同化性の役割を持っているので、蛋白質を効率的に取り込んでくれるます。ただしその効果は長く続かないので、トレーニング後30~60分以内をゴールデンタイムとも呼んでいます。

 


そして、トレーニング直後以外にも摂取するタイミングがあるのですが、まずそのメカニズムから説明していきます。

 

血液中には、糖分(血糖値)の他に蛋白質の成分「血中アミノ酸濃度」が存在します。この血中アミノ酸濃度は、血糖値と同様に食事から時間が経つとその濃度はどんどん下がっていきます。そしてその濃度が下がると筋肉が分解に向かってしまうのです。それを防ぐ方法として、タイムリーにプロテインを摂取することを推奨します。

 

 

そうとは言っても、夜中には栄養を摂ることができませんし、わざわざ夜中に起きてプロテインを飲むのもそこまでお勧めできません。(中には実行している方もいらっしゃいますが)

 

 

そこで、吸収時間が非常に長い「カゼイン」タイプのプロテインが適しています。カゼインは牛乳などに含まれているアミノ酸の一種ですが商品によっては7~8時間かけてゆっくりと吸収するタイプがあります。これを就寝前に摂っておくと、朝起きるまで血中アミノ酸濃度を安定させることができます

 

 


また、運動レベルが高い人には夜の他に起床直後も摂っておいた方が一日中アミノ酸濃度が高いところで安定しやすいはずです。

 


そうなると朝と夜、それからトレーニング直後の3回に分けて摂取するのが良いかと思います。アスリートの人であれば、トレーニングの合間にあともう1回ほど摂取するのも可能です。

 


但し、今回は「トレーニングを定期的に行っている人」向けの情報になりますので、あまり運動をされていない方は、1日3回以上プロテインを摂取すると、オーバーカロリーになって体脂肪の増加に繋がりますから注意が必要です。


また1回の食事をプロテインに置き換えるダイエットを狙った摂取方法もありますので、そちらもお勧めします。

 

情報発信

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!