あなたの本気に応えます!
「カラダ改造」専門トレーナー  糸井克徳  公式サイト

たぶん日本一厳しいトレーニング(糸井式トレーニング)で「一生涯のカッコいい身体」の提供をお約束します

TOP ≫ トレーニング用語(動画)

トレーニング用語(動画)

〇トレーニング用語
 「ピーク系」と「ストレッチ系」について説明しています。

 

 

まず「ピーク系」から説明します。ピークとは
「頂点」などを意味します。なので、筋肉が
収縮した時に大きく盛り上がる状態になる
エクササイズのことを指します。


例えば、上腕二頭筋のエクササイズでいえば
プリチャーカールやコンセントレーションカール
などをいいます。
ハムストリングスでいうと、のレッグカールなど
が挙げられます。

「ピーク系」は、筋肉の凸凹感を作り出すには
最適なエクササイズでもあります。ただし、
エクササイズ自体の可動域は小さいほうなので、
パーシャルレップにならないように注意が必要
です。


続いて「ストレッチ系」です。ストレッチとは
「伸ばす」などを意味します。よって、筋肉が
大きく伸ばされた状態から行うエクササイズの
ことを指します。

 

例として、上腕二頭筋のエクササイズでいうと
インクラインカールがあります。
ハムストリングスでいえば、スティフレッグ
デッドリフトなどがあります。


「ストレッチ系」は、筋肉が可動域いっぱいに
引っ張られた状態からのスタートとなります。
それに、目いっぱい収縮させる(可動範囲が
大きい)ので筋肉中の摩擦も多くなります。

また、適正な負荷で行わないとケガをするリスクが
高いですが、きちんと行えば柔軟性も向上します。


どちらがトレーニングが有効なのかということですが、
「ピーク系」にも「ストレッチ系」にもメリットと
デメリットが存在しますので、バランスよく鍛える
のが良いかと思います。
 
私の場合は、「ピーク系」の日と「ストレッチ系」の
日で分けて行ったりしていますが、気分によって
両方織り交ぜたりしています。


皆さんもうまく取り入れながら、効果的にトレーニング
を進めてみて下さい。

 

情報発信

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!