あなたの本気に応えます!
「カラダ改造」専門トレーナー  糸井克徳  公式サイト

たぶん日本一厳しいトレーニング(糸井式トレーニング)で「一生涯のカッコいい身体」の提供をお約束します

TOP ≫ 緊張性頸反射(動画)

緊張性頸反射(動画)

〇首を勢い良く振る
 緊張性頸反射について説明しています。



緊張性頸反射は頸反射と略されていることも多いです。
その頸反射とは、脳幹(中脳・橋・延髄の総称)で
起こる原始反射の一つです。これは生後4週間から
8週間くらいから現れたりします。


頸反射というくらいですから、もちろん「首を振る」
動作になってきます。


首を前屈(前に倒す)する動作が関係するエクササイズ
でいうと、ベンチプレスなどのいわゆるプッシュ系の
種目が該当します。


首を背屈(後ろに倒す)する動作ではデッドリフトなど
の引っ張る動作、プル系のエクササイズが該当します。


では、頸反射を利用したトレーニングでは、どういった
ことが起こるのかというと、反射により力が発揮され、
高重量が挙がりやすくなります。


よって、いつもより重たいものが挙がりやすくなるので、
ついついこれに頼ってしまいがちですが、反射による動き
なので、本来のターゲットとしている筋肉に刺激がいき
にくくなります。


また、無意識に起こっていることも多いので、トレーニー
は注意が必要です。


しかし、スポーツ選手やアスリートは、この頸反射を利用
することでパフォーマンスの向上が望めます。


野球ならばピッチング時の動作で、頸反射を利用することで
よりスピードのある球が投げられますし、サッカーではボール
をける瞬間に頸反射が起こり、より遠くへ蹴ることが可能と
なります。


まとめると、筋力トレーニングではあまり多用しすぎずに、
競技ではどんどん利用していただくと良いかと思います。


参考になったでしょうかね? また会いましょう!



情報発信

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!