あなたの本気に応えます!
「カラダ改造」専門トレーナー  糸井克徳  公式サイト

たぶん日本一厳しいトレーニング(糸井式トレーニング)で「一生涯のカッコいい身体」の提供をお約束します

TOP ≫ 扱う重量による違い(動画)

扱う重量による違い(動画)

〇扱う重量による違い
 高重量と低負荷トレーニングの効果などについて説明しています。




高重量トレーニングは、3~5RMの重たい重量で行います。
効果としては、最大筋量のアップ(MAX重量)が上がったり、
腱が強くなったりします。


低負荷トレーニングは、12~15RM以上できる軽い重量で行い、
筋持久力の向上や脂肪燃焼(シェイプアップ)が望めます。


一般的に高重量トレーニングが好きな方(私を含め)も
多いかと思います。やはり高重量で行うと達成感を感じや
すいからです。


しかし、低負荷トレーニングはケガをしている時など非常に
有効な手段でもあります。


どちらが優れているのかというと、少し検討してみる余地が
あると思います。それは仕事量の関係があるからです。


仕事量とは
 重さ × 回数  = 総重量(仕事量)
のことをいいます。

例えば
 (A)100㎏ × 5回  = 500㎏
 (B)50㎏  × 20回 = 1,000㎏

(A)は高重量でその合計の仕事量は500㎏ですが、
(B)は低負荷でその合計の仕事量は1,000㎏となります。

一目でわかると思いますが、(B)の方が身体への刺激量
は多くなってきます。よって、あまり高重量にこだわら
なくても、実は低負荷で高回数をこなしても、充分に効果
が期待できるのです。


ただ、仕事量を優先しすぎると高重量を上げるための「筋力」
が低下しやすくなってしまいますので、高重量と低負荷を織り
交ぜながらトレーニングすることをお勧めします。


参考になったでしょうかね? また会いましょう!


情報発信

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!