あなたの本気に応えます!
「カラダ改造」専門トレーナー  糸井克徳  公式サイト

たぶん日本一厳しいトレーニング(糸井式トレーニング)で「一生涯のカッコいい身体」の提供をお約束します

TOP ≫ ケガの予防なのに諸刃の剣?

ケガの予防なのに諸刃の剣?

0000409660.png


ケガをしてしまい、思うようにトレーニングができていないという方もいらっしゃると思います。

 

 

 

下半身では膝や腰、上半身では肩や肘などが痛みが頻発する部位でもあります。

 

 

 

特に肩周辺は、大胸筋や上腕二頭筋など多数の筋肉が交差しているので、どの筋肉が痛みを生じているのかが分かりにくいです。

 

 

 

そうなると原因がはっきりせず、不安やストレスが溜まってくるでしょう。

 

 

 

痛みが出ている時は炎症を起こしているのですが、それは「筋腱移行部」に好発することが多いです。

 

 

 

筋腱移行部とは、まさに筋肉と腱の境目のことをいって、ちょうど筋線維から腱に変わっていく場所です。

 

 

 

分かりやすい部位だと、アキレス腱と腓腹筋の境目だと目視しやすいです。

 

 

 

筋肉自体は筋トレで鍛えているのですが、腱はどのようにしたら補強することができるのか・・・

 

 

 

答えは同じく「筋トレ」です。

 

 

 

腱は筋肉の端の部分ですから、筋トレをすることによって、補強することが可能です。

 

 

 

しかし、ただ普通に筋トレをしていれば良いという訳ではありません。腱はバネの様な働きをするので、比較的強度の高い負荷が必要となります。

 

 

 

ですから、高重量でのトレーニングを行わないと鍛えるのが難しいのです。

 

 

 

「えぇ、重たいものをやったら、ケガをするリスクが高いじゃない!」

 

 

 

と思われることでしょう。

 

 

 

ここが諸刃の剣に似てくるのです。

 

 

 

ケガをしないように腱を鍛えるため、高重量でのトレーニングをしていたら、その負荷で痛めてしまう・・・

 

 

 

また、高重量でのトレーニングが足りず、腱が充分に鍛えられていなくて、通常のトレーニングで痛めてしまうパターンもあります・・・

 

 

 

何ともジレンマを抱いてしまいますね(苦笑

 

 

 

高重量でのトレーニングをする場合、ご自身の経験と感覚で「良い具合」を見つけることができれば、グッドです。

 

 

 

だって、ケガをしてしまったら勿体ないですから。

 

 

 

何事もトライ&エラーの繰り返しで、あなたなりの「ケガをしない法則」を発見してみて下さいね~


 

 

情報発信

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!