あなたの本気に応えます!
「カラダ改造」専門トレーナー  糸井克徳  公式サイト

たぶん日本一厳しいトレーニング(糸井式トレーニング)で「一生涯のカッコいい身体」の提供をお約束します

TOP ≫ 筋トレなのに汗だく

筋トレなのに汗だく

0000409665.png



たまに「筋トレでは汗が出ません」という声を聞きます。

 

 

 

そんなことをを聞くと、つい「もったいないなぁ」と思ってしまいます。

 

 

 

確かに筋トレは無酸素運動に該当しますが、やり方次第では、物凄く汗をかくことができるからです。

 

 

 

まず汗をかかない要因として


・強度が低い
・休息が長すぎる
・あまりやる気がない(これが一番かも?)


といったことが挙げられます。

 

 

 

ですから、これらの逆のことをすれば汗が大量に出るはずですよね?

 

 

 

まず「強度が低い」というのは、扱っている重量も関係してきますが、ここで気にしていただきたいのが、「回数」です。

 

 

 

あなたはいつもキリのいい回数で終わらせていませんか??

 

 

 

例えば10回に設定したら、7.8回目くらいから気持ちが終了モードになってきます。そうすると本当は10回以上出来ても、それ以上は行わなくなってしまいます。

 

 

 

これに陥っている人は、結構多いものです。なので、本来可能な回数の限界まで行ってみましょう!

 

 

 

続いて「休息が長すぎる」に関しては、正確には長すぎるではなくて、「ほぼ取らない」こちらで行ってみると良いと思います。

 

 

 

こうすることによって、心肺機能も向上しますし、乳酸がパンパンの状態でトレーニングし続けていると、苦しくなって汗だくになるでしょう。

 

 

 

全く取ってはダメというわけではなく、なるべく短くして「息が上がった状態」でトレーニングをしてみて下さい!

 

 

 

そして、「やる気がない」は問題外ですよね(苦笑

 

 

 

これは気持ちの問題です。あなたが本気で変えたいと思っているなら、必然的にやる気が入っているはずです。

 

 

 

やはり大切なのは「ハート」です。筋トレってそもそも苦しいものですから、それに負けない強い気持ちを持って取り組んでみて下さいね~

 

 

 

情報発信

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!