ビジネスマン(起業家)の為のカッコいい身体作り専門トレーニング
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳 公式サイト

「ダイエットの秘訣」のレポートを無料で配信中です。詳細はTOPからご確認下さい!

TOPページバナー2018.11

TOP ≫ 左右差を感じる時 ≫

左右差を感じる時

 

 

「ショルダープレスなどで途中から左右の
力の差を感じるんです」

 

 

 

といった相談を受けました。

 

 

 

トレーニングをしていると、どうしても左右
どちらかの腕に力の差を感じることもある

かと思います。

 

 

 

特にプレス系のエクササイズでは、そう感
じることも多いはずです。

 

 

 

 

人には『利き腕』がありますから、その利き
腕の方がどうしても力の強さや巧緻性(器用
な動作)などが優位となります。

 

 

 

その関係で、左右で力の差を感じることに
なることでしょう。また、過去に骨折や脱臼
などのケガの関係からも、そういったことが
起こります。

 

 

 

もちろん、例外もあります。

 

 

 

利き腕より反対側の腕の方が単純な力が強い
場合もあります。(実は私もこれです)

 

 

 

となると、力の差を埋めるために片方だけの
トレーニングをした方が良いのかどうか…

 

 

 

もし行うのだとすれば、左右に極端な差が
ある場合は行った方がよいでしょう。

 

 

 

例えばバーベルを持ったとき、片方だけすぐ
に傾いてしまったり、ダンベルを持ったとき
同じ重量なのに持っていられない場合など
です。

 

 

 

またケガの影響などにより、見た目でも左右
の太さの差が視認できる場合などです。

 

 

 

特に力の弱い方を軽めのダンベルで数セット
多めに行うようします。
 ※回数や重量もケースにより異なります

 

 

 

 

簡単に説明はしましたが、上記のような極端
な差がない場合は、あまり気にし過ぎなくて
も良いと思いますよ。

 

 

 

後半になってプレス局面が出来なくなった
ら、戻しのネガティブ局面(降ろす時)で
左右均等に降ろすようにすれば特に問題は
ないでしょう。

 

 

 

ですから、あまり難しく考えないでネガテ
ィブ局面でしっかり左右同時にコントロール
できるようにしてみて下さいね~

 

 

お客様の声多数いただいています!

※写真をクリックすると詳細ページが開きます。


今すぐ無料カウンセリングに申し込む





契約場所:BIGBOX高田馬場西武フィットネスクラブ (新宿区高田馬場) 
http://www.bigbox-baba.jp/fit_b/







糸井 克徳

国際大会でも優勝経験を持つボディビルダーの糸井克徳が、非常にきつい内容になりますが、週一回のトレーニングでカッコいい身体の提供をお約束します!

新宿区高田馬場にて、本気のダイエットやカッコいい身体を目指すならご連絡を下さい。あなたの本気にお応えします!



Youtubeで動画によるトレーニングやダイエット関連の情報を発信中
 
詳しくは 『糸井トレーナー』 でご検索下さい。
画像をクリックするとページへリンクします。



モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!