カッコいい身体を作る・ダイエットを成功させる
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳  公式サイト

初回は無料カウンセリング! 高田馬場にてパーソナルトレーニングを実施中!

TOPページバナー2018.7

TOPブログページ ≫ トレーニングメニューの組み方など ≫

ブログページ

トレーニングの時間と質

インクライン・ダンベルプレス③
「筋肉をつけたいのですが、なるべく長い時間をやった方が良いですか」といった相談を受けました。ウェイトトレーニングの時間は だいたいどれくらいで行っているでしょうか。私の場合、以前は60~90分くらいでしたが、現在は40~50分くらいが多いです。さて長い時間をかけて行うと、それだけ様々なエクササイズを試すことができるので、より良い刺激を入れられるのではないでしょうか。
2018年10月16日 22:56 |続きを読む|

デッドリフトとチンニング

床引きデッドリフト③
「デッドリフトは下がってしまいましたが、チンニングは好調です」といった相談を受けました。背中の代表的なトレーニングでいうとデッドリフトとチンニングは外せないですよね。この2つのエクササイズは、体重によって大きく左右されるものでもあります。 デッドリフトは体重が重い方が有利になりますし、チンニングは軽い方が有利になります。
2018年10月16日 22:48 |続きを読む|

下半身を細部まで鍛える

フロントスクワット③
「スクワットやレッグプレスはやっているのですが、他にどんな種目がよいですか」といった相談を受けました。下半身の軸となるエクササイズといえば、バーベルでのスクワットやレッグプレスなどが挙げあられますよね。確かにこの2つのエクササイズは下半身を鍛える上で、ダイエットにも有効ですし、外せない種目だと思います。
2018年10月11日 00:20 |続きを読む|

腕を形よく鍛える

ポップ用②
「力こぶを中心に腕を形よくしたいのですが、どんな種目をやればよいでしょうか」といった相談を受けました。カッコいい腕は男らしさの象徴ともいえますよね。この力こぶ(上腕二頭筋)のエクササイズは、非常にバリエーションが豊富です。カールさせる時の角度や向きなどを変えるだけで、結構な刺激の変化となります。
2018年10月11日 00:15 |続きを読む|

フロントレイズに少し動きを足すだけで

オルタネイト・フロントレイズ⑩
三角筋の前部線維を鍛えるエクササイズとして、フロントレイズがありますね。ダンベルやバーベルなどで前方に持ち上げるエクササイズです。一般的に多く見られるのが、肩と同じく水平の高さまで行うやり方です。三角筋の前部線維を鍛えるエクササイズとして、フロントレイズがありますね。ダンベルやバーベルなどで前方に 持ち上げるエクササイズです。
2018年09月09日 23:23 |続きを読む|

毎日トレーニングをする場合には

ハックスクワット②
「筋トレにも慣れてきたので、できれば毎日でもやりたいのですが、大丈夫なんでしょうか」といった相談を受けました。トレーニングレベルが上がってくると、その頻度を増やして更に筋肉量などを向上させたくなりますよね。週に数回トレーニングを行う場合、各曜日ごとに分けて行っているケースが多いです。
2018年09月09日 23:14 |続きを読む|

二の腕をしっかり鍛えるコツ

オーバーヘッド(ダンベル)①
「二の腕を鍛えるにはどのような点に気をつけたほうが良いです」 といった相談を受けました。ここは上腕三頭筋のうち長頭腱と呼ば れる部位です。いわゆるオーバーヘッドトライセプスエクステンション系のエクササイズで鍛えることが可能です。長頭腱は、上腕三頭筋の中でも肩甲骨から跨いで付着している多関節筋となります。
2018年09月05日 19:11 |続きを読む|

回数はどれくらがベストか

マシン・ショルダープレス③
「トレーニングの強度は何回くらいできるのがベストなのでしょうか?」といった相談を受けました。ジムの初心者プログラムなどでは、よく10回できるくらいの重さが良いといったことが書いてあったりしますね。初心者の場合であれば、それが適しているといえるでしょう。
2018年09月05日 19:04 |続きを読む|

プレス系の重量を伸ばすには

インクライン・ベンチプレス③
「ベンチプレスなどの挙上重量を伸ばしていきたいのですが、どういった種目が良いですか」といった相談を受けました。プレス系の重量を伸ばすには、押すための筋力向上が欠かせません。その為には、大胸筋や上腕三頭筋などはもちろん、前鋸筋という肋骨と腋の下の間にある筋肉を鍛えると良いです。
2018年09月05日 18:58 |続きを読む|

ローイングの違い

ローイングの違い
「ダンベルとケーブルとのローイングではどこか違うのでしょうか」といった相談を受けました。背中にストレッチを効かせるエクササイズとしてローイング系の種目があります。どの器具を使っても広背筋に対して、最大限の可動域を使っていくことが重要です。
2018年09月04日 22:45 |続きを読む|

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!