カッコいい身体を作る・ダイエットを成功させる
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳 公式サイト

初回は無料カウンセリング! ダイエットを成功させたいあなたをお待ちしております!

TOPページバナー2019.1

TOPブログページ ≫ サプリメント関係 ≫

ブログページ

カゼインプロテインの活用の仕方

CIMG5381
「プロテインの中でカゼインというタイプがありますが、どのように活用したら良いですか」といった相談を受けました。プロテインの種類の中にカゼインと呼ばれるものがあります。これは通常のプロテインと比べて吸収時間が非常に長い(遅い)のが最大の特徴です。商品により異なりますが、およそ6~7時間ほどかけてゆっくりと吸収します。
2019年04月16日 20:26 |続きを読む|

WPIプロテイン(チョコレート風味)

CIMG1209
プロテインといっても、店頭やインターネットショップにはたくさん種類が並んでいます。日本では、動物性のホエイプロテインと植物性のソイプロテインの2種類が主に販売されています。店頭に一番多く並んでいるのがWPCタイプ(ホエイ・プロテイン・コンセントレート)で蛋白質の含有量が約80%くらいのものが多いです。
2019年02月07日 20:09 |続きを読む|

プロテインの摂取すべき量とは

CIMG5385
「プロテインを買ったのですが、どれくらい飲んだら良いですか」といった相談を受けました。成人男性で1日当たりの蛋白質の必要量は、体重(g)といわれています。体重70㎏の人だったら、70gが妥当な数値となります。ただ激しい運動や頻度が多い人の場合は、体重の2倍くらいの量が推奨されます。ですから70㎏の人だと1日に140gです。
2019年01月05日 19:39 |続きを読む|

蛋白質をたくさん摂り過ぎたらどうなるのか

プロテイン飲む
「アミノ酸やプロテインを摂り過ぎたら何か体に不具合がありますか」といった相談を受けました。習慣的に運動をしている人で、一日の蛋白質の必要量は体重(g)の2倍くらいといわれています。一時的に摂り過ぎたりしたら、ガスが溜まる・お腹が緩くなる・軟便になるといった症状がみられると思います。
2018年12月20日 19:39 |続きを読む|

風邪を引きやすいのですが・・・

gahag-0013920360-1
「風邪を引きやすいので、予防するのに効果的なことはありますか」といった相談を受けました。寒い時期になると、風邪を引いたりしてしまうこともありますよね。風邪は空気感染しますから、マスクなどをして予防に努めるようにした方が良いです。それとエネルギー不足でも免疫力の低下を招くので、ご飯もスタミナがつくようなものをしっかり食べておくのも一つの手です。
2018年12月04日 20:10 |続きを読む|

プロテインバーを試してみました

CIMG0881
プロテインバーは、手軽に蛋白質を補給することができる軽食(お菓子)です。今回は「アサヒ」さんが発売した一本満足バーのヨーグルト風味を試してみました。プロテインバー特有の口内水分をもっていかれるということはなく、またザクザクとした触感がとても良い感じでした。
2018年11月14日 20:01 |続きを読む|

HMBサプリメント

PIC_20180814_181050
肉体を鍛えていく上で、トレーニングはもちろんのこと、栄養摂取も欠かせませんよね。プロテインやアミノ酸などメジャーなサプリメントは一般的にも通じることが多くなりましたが、その他のサプリはまだ浸透していないかなと感じております。そんな中でもおススメしたいしたいのが、「HMBサプリメント」です。
2018年09月05日 18:52 |続きを読む|

プロテインを大量に飲み続けたら

gahag-0090387503-1
「最近、プロテインの量を増やしていたらお腹が緩くて仕方ないんです」といった相談を受けました。運動レベルが高ければ、1日の摂取量として体重(グラム)×2~3倍ぐらの量になってくると思います。そういった日々が続いたりすると、蛋白質の代謝の関係上、お腹が緩くなったりすることもあります。
2018年08月30日 01:08 |続きを読む|

体重を増やすのに必要なサプリメント

パウダー
「体重を増やすのに有効なサプリメントはありますか」といった相談を受けました。代表的なものとして「ウェイトアッププロテイン」があります。(商品によってはウェイトゲイナーともいいます)これはプロテインのなかに炭水化物を多く含有していて、その代わりに蛋白質含有量が少なかったりします。
2018年08月30日 01:06 |続きを読む|

鉄分の必要性

gahag-0032106785-1
「サプリメント鉄分って摂った方が良いですか」といった相談を受けました。鉄は元素記号でFeと表記します。作用としては、酸素の運搬や細胞への酸素の取りこみなどを行っています。ですから、運動時には酸素の供給が多い方がパフォーマンスが良くなりますから、摂取しておいた方が良いでしょう。
2018年08月30日 01:05 |続きを読む|

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!