ビジネスマン(起業家)の為のカッコいい身体作り専門トレーニング
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳 公式サイト

「ダイエットの秘訣」のレポートを無料で配信中です。詳細はTOPからご確認下さい!

TOPページバナー2018.11

TOP ≫ ブログページ ≫

ブログページ

デッドリフトで効く場所は

180㎏デッドリフト(後面)
「デッドリフトを行っていても、どこが効いているのか分かりま せん」といった相談を受けました。トレーニングをしていても、ターゲットとなる部位に効かせられているか分からないこともあるかと思います。特に自分で視認できない背中のトレーニングはそうなることも多いはずです。
2018年11月13日 21:27 |続きを読む|

多種多様な種目で腹筋を鍛える

ポップ用⑤(トリミング)
「シックスパックを目指すなら、どのエクササイズが効果的ですか」といった相談を受けました。割れた腹筋(シックスパック)は、男子なら一度は憧れるものかもしれません。近年では女性にも「そうなりたい」といった方も増えているようですしね。さてそういった腹筋を目指すのであれば、同じような腹筋運動に偏らず行った方が良いでしょう。
2018年11月12日 21:59 |続きを読む|

ケーブルプレスで胸を鍛えるなら

⑥ケーブルプレス(下部)
「ケーブルプレス(クロスオーバー)では、どのやり方が一番適していますか」といった相談を受けました。胸でのプレス系以外のエクササイズはダンベルフライやマシンフライなどもありますよね。 またその他にケーブルプレス(クロスオーバー)を行っている方も多いのではないでしょうか。
2018年11月11日 21:46 |続きを読む|

腕が疲れても広背筋を鍛える

プルダウン(ワイドグリップ)①
「背中のトレーニングをしていると後半腕が辛くなって、追い込むことができないんです」といった相談を受けました。チンニングやラットプルダウンなどを続けていると、背中よりも先に上腕二頭筋が疲れてしまい、後半は思うようにトレーニングができなくなることもあるかと思います。
2018年11月11日 21:39 |続きを読む|

フィジークでも下半身を細部まで鍛える

フィジーク写真(サイドポーズ)上半身
「フィジークの大会に出てみようと思っているのですが、下半身もやった方が良いですか」といった相談を受けました。フィジークはここ数年で爆発的に人気が上昇し、ボディビルに比べても出場者が多いですよね。主に上半身の発達域(逆三角形が形成されているか)を見られ、顔(頭髪を含む)も審査対象になり、そのトータ ルパッケージ(全体のバランス)で競います。
2018年11月09日 22:17 |続きを読む|

ベンチプレスでも体幹を意識する

ベンチプレス90㎏①
「ベンチプレスをやっていると腹筋周辺も痛くなるのですが、これって間違っていますか」といった相談を受けました。ベンチプレスに限らず、バーベルやダンベルを使用したフリーウェイトのエクササイズは、体幹が重要となってきます。体幹とは「コア」という言い方もありますが、これがブレてしまうと軸をうまくキープすることができなくなってしまいます。
2018年11月09日 22:14 |続きを読む|

RMで重量を見極める

インクライン・ベンチプレス④
「70㎏で10回ベンチプレスができるようになったのですが、マックスはどれくらいできそうですか」といった相談を受けました。ある程度重量と回数が増えてくると自分のMAX重量がどれくらいなのか気になってくることだと思います。実際に1RM(最大重量)に挑戦すると、ケガのリスクなどがありますので、RMで換算することが できます。
2018年11月09日 22:06 |続きを読む|

マシンリアデルトイドがない場合の代替種目

インクライン・リアレイズ⑥
「肩の後ろを鍛えるためのマシンリアデルトイドがないのですが、ダンベルで代わりにできるエクササイズはありますか」といった相談を受けました。肩の後ろ(リア)を鍛えるには、マシンリアデルトイドがあった方がやりやすく感じる人も多いのではないでしょうか。
2018年11月09日 22:03 |続きを読む|

体重を増やすならどれくらい

gahag-0007198149-1
「バルクアップをしたいのですがどれくらい体重を増やしたらよい でしょうか」といった相談を受けました。オフ期に入ると、体重を増やしてバルクアップを図る人も多いことでしょう。目標の体重を設定したら、それに向かって食べ続けるようにしますよね。1回で大量に食べるか、それとも何度かに分けて食べるかはそれぞれのライフワークによります。
2018年11月09日 21:59 |続きを読む|

息を止めるとどうなってしまうのか

ハックスクワット③
「トレーニング中、踏ん張っていると息が止まってしまうのですが、何か悪いことはありますか」といった相談を受けました。確かにスクワットやデッドリフトなど高強度のトレーニングを行っていると「息が止まってしまう」なんてことがありますよね。とくに動作中のスティッキングポイント(きつい)ところで起こります。
2018年10月26日 19:57 |続きを読む|

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!