カッコいい身体を作る・ダイエットを成功させる
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳 公式サイト

モニターを募集します!残り1名様。詳細はTOPページよりご確認下さい。

TOPページバナー2019.1

TOP ≫ ブログページ ≫

ブログページ

レッグプレス(大腿四頭筋狙い)

②
レッグプレスの足の置く位置の違い。ポジションによって刺激を変えるバリエーションの紹介です。足パッドに対して足の位置を低く します。この時に踵が半分くらいはみ出てしまっても大丈夫です。膝関節の角度が鋭角になるためももの前面の大腿四頭筋に刺激が入りやすくなります。ももの後面に比べて、力が劣るためやりにくさを感じますし、膝や足首に負担もかかります。
2018年11月22日 14:06 |続きを読む|

レッグプレス(大殿筋狙い)

①
レッグプレスの足の置く位置の違い。ポジションによって刺激を変えるバリエーションの紹介です。足パッドに対して足の位置を高くします。この時つま先が少しはみ出てしまっても大丈夫です。股関節の角度が鋭角になるため大殿筋やハムストリングスに刺激が入りやすくなります。その影響で高重量でのトレーニングも可能となっています。
2018年11月22日 14:01 |続きを読む|

上腕三頭筋長頭(二の腕)を個別に鍛える

オーバーヘッド(ダンベル)冒頭
「二の腕に効いている感じがしないのですが、どうやったら良いですか」といった相談を受けました。二の腕といわれる上腕三頭筋の長頭腱は、肩関節を跨いで肩甲骨に付着しているので、刺激するには角度や向きを気をつけなくてなりません。プッシュアップやプレスダウンでは主に上腕三頭筋の外側頭を刺激するので、それだけでは二の腕には充分とはいえません。
2018年11月21日 20:04 |続きを読む|

ハムストリングスを鍛える多種多様な種目

ダンベル・スティフレッグデッドリフト
「レッグカール以外にハムストリングスを鍛えるのに何か種目はありますか」といった相談を受けました。ハムストリングスは短距離走などのスプリントの選手には必須ですし、一般の方も鍛えておいた方が良い筋肉です。バーベルスクワットやレッグプレスでも鍛えることはできますが、足の置く位置によって大腿四頭筋メインになったりしますから、個別に鍛えたいですよね。
2018年11月19日 20:11 |続きを読む|

自重系エクササイズで胸を鍛える

チェーンディップス③
「ベンチプレスがいつも混んでいるのですが、他に代替可能で強度の高いエクササイズはありませんか」といった相談を受けました。 確かにベンチプレスは人気種目でいつも混んでいるイメージがありますよね。バーベルのみならず、ダンベルも意外と混んでいたりしますからね。そこで自重エクササイズを利用して胸を鍛えることも可能なので、そちらを実践するのも良いかもしれません。
2018年11月17日 20:25 |続きを読む|

プロテインバーを試してみました

CIMG0881
プロテインバーは、手軽に蛋白質を補給することができる軽食(お菓子)です。今回は「アサヒ」さんが発売した一本満足バーのヨーグルト風味を試してみました。プロテインバー特有の口内水分をもっていかれるということはなく、またザクザクとした触感がとても良い感じでした。
2018年11月14日 20:01 |続きを読む|

デッドリフトで効く場所は

180㎏デッドリフト(後面)
「デッドリフトを行っていても、どこが効いているのか分かりま せん」といった相談を受けました。トレーニングをしていても、ターゲットとなる部位に効かせられているか分からないこともあるかと思います。特に自分で視認できない背中のトレーニングはそうなることも多いはずです。
2018年11月13日 21:27 |続きを読む|

多種多様な種目で腹筋を鍛える

ポップ用⑤(トリミング)
「シックスパックを目指すなら、どのエクササイズが効果的ですか」といった相談を受けました。割れた腹筋(シックスパック)は、男子なら一度は憧れるものかもしれません。近年では女性にも「そうなりたい」といった方も増えているようですしね。さてそういった腹筋を目指すのであれば、同じような腹筋運動に偏らず行った方が良いでしょう。
2018年11月12日 21:59 |続きを読む|

ケーブルプレスで胸を鍛えるなら

⑥ケーブルプレス(下部)
「ケーブルプレス(クロスオーバー)では、どのやり方が一番適していますか」といった相談を受けました。胸でのプレス系以外のエクササイズはダンベルフライやマシンフライなどもありますよね。 またその他にケーブルプレス(クロスオーバー)を行っている方も多いのではないでしょうか。
2018年11月11日 21:46 |続きを読む|

腕が疲れても広背筋を鍛える

プルダウン(ワイドグリップ)①
「背中のトレーニングをしていると後半腕が辛くなって、追い込むことができないんです」といった相談を受けました。チンニングやラットプルダウンなどを続けていると、背中よりも先に上腕二頭筋が疲れてしまい、後半は思うようにトレーニングができなくなることもあるかと思います。
2018年11月11日 21:39 |続きを読む|

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!