ビジネスマン(起業家)の為のカッコいい身体作り専門トレーニング
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳 公式サイト

「ダイエットの秘訣」のレポートを無料で配信中です。詳細はTOPからご確認下さい!

プロフィールページバナー2018.11

TOP ≫ プロフィール ≫

プロフィール・資格・ボディビル写真

プロフィール

0000527807.jpg

 

あなたの本気に応える「カッコいい身体作り」のプロトレーナー

体重50㎏程の小柄な体格から肉体改造を施し、ボディビルの国際大会で優勝



糸井克徳(いといかつのり) 1980年生まれ。


2016年 ボディビル・グアム親善試合バンタム級優勝
2015年 埼玉ボディビル選手権 65㎏級優勝
資格:柔道整復師・はり師・きゅう師・NSCA-CPT

 

 

小学生のころ所属していた少年野球のチームで、ボールがまともに投げれないなどの運動神経の無さから、運動嫌いになり、また身体が小さかったことからイジメに遭う。そのため、部活動などの所属することなく、運動とは無縁なアニメばかり見るオタクとして学生時代を過ごす。


高校卒業後、一旦就職するも仕事に追われる毎日で、どんどん身体がやせ細り健康を害したことから一念発起。退職をして身体作りのプロを目指す。
 

運動業界にて仕事を開始するのと同時に、医療系の専門学校に進学。解剖学・生理学などを徹底して6年間学び、柔道整復師・はり師・きゅう師の合計3つの国家資格を取得。
 

また身体が小さいというコンプレックスを解消するため、競技ボディビルへ挑戦。その中で、52㎏ほどの体重から約20㎏増量、その後10㎏ほど減量を実践。そして埼玉ボディビル選手権65㎏級にて優勝を飾る。

また翌年の2016年には日米ボディビル・グアム親善試合バンタム級(65㎏級)でも優勝を飾る。

 

自らのボディビル経験や豊富な知識を織り交ぜた独自のメソッドで、週1回でも効果を出すトレーニングとして好評を得る。


特に力学的なアプローチに精通しており、その高いインテリジェンスと自らの身体で示す指導方法でクライアントに対する「分かりやすい説明」にも定評がある。
 

減量と増量の両方の苦しみを理解できることと、高いコミュニケーション能力でクライアントから厚い信頼を寄せており、コンプレックスを抱える身体から、カッコいい身体へ導く専門のトレーナーとして活躍している。

 

 

著書

※写真をクリックすると、Amazonのページにリンクします

 

 

タイトル

『なぜあの人はカッコいい身体なのか』
身体を変えた人が実践している50の習慣

 

 

kindle価格400円

 

Amazon書籍ランキング

「教育学」部門 第1位を獲得
「文化人類学」部門 第1位を獲得
「暮らし健康」部門 第1位を獲得
 

Amazon書籍ランキング、全タイトル15,000以上のタイトルの中から第1位を獲得

 

 


この本は
1 トレーニングを始められない人
2 ダイエットをしているけど続かない人
3 結果が出ないと悩んでいる人

 

こういった人たちのための、気づきや
ヒントになることを50項目に分けて
解説しています。

 

全文を読まなくても、その50項目を
見るだけでもモチベーションが上がる
ようになっています。

 

※エクササイズを紹介したり
 する本ではありません

 

 

私の肉体変化

時系列(四枚組)改

 

 

 私自身、高校時代は運動とは無縁(部活はコンピューター部)で、ボディビルは30歳を過ぎてから始めました。


そして、元々は細身の体から食事とトレーニングで25㎏ほど増量して、そこから14㎏絞り込み肉体を作ってきました。その甲斐もあってボディビル選手権にて優勝することができました。また、人生の中で何かで1位を取るという経験は、恥ずかしながらボディビルが初めてでした。

 

 肉体を作るというのは、何歳からでも可能です。もちろん、早めに始めることに越したことはありませんが、努力次第では何とでもなります。さあ、やればできるということを共に感じましょう!

 

 

 

 パーソナルトレーナーになるまでのストーリー

実は私、子供のころは運動音痴な子供でした。現在もそれは解消されていないかもしれません。というのは、球技に関してはからっきし駄目なのです。その為、運動が苦手な人の気持ちはすごく分かります。 

小学生の時に、少年野球のクラブに入っていたのですが、ボールを遠くに投げることもできず、バッティングに関しては、バットを振ってもボールにかすりもしませんでした。(3年ほど所属していましたが、打ったヒットはわずか2本でした)

そんなこともあり、運動に対する苦手意識がものすごく大きかったのです。また小学生くらいの頃だと運動ができないと周囲からバカにされますから、ますます塞ぎ込んでいきました。その為、小中高と絵に描いたようなアニメ好きのオタク系少年で、あまり友達のいないタイプでした。 
 ※ちなみにアニメ好きのオタクは現在も継続中です。


高校卒業後成人式をむかえ、久しぶりに同級生達に会うと、やはり「いじられキャラ」に戻ってしまっている自分がいました。そこでは予想通りいじられ続け「久しぶりに会ってもこうなのか・・・」と落ち込みました。そして成人式を終えたある日、自分にも何か誇れるものが欲しいと思うようになり、ボクシングを始めました。ボクシングを始めた理由として学生時代からバカにされてきた同級生たちに「ボクシングやっているなんてすごい!」と言われたい安易な理由でした。


しかしこれが性に合っていて、野球のようにチームプレイをするよりも自分自身と向き合うような競技の方が自分には合っているなと感じました。ボクシングではプロにはなれませんでしたが、アマチュアで試合をしたり、ジムの仲間と真剣なスパーリングを行うことで、スポーツに打ち込むことの楽しさを知ることができました。そしてその楽しさを自分だけでなく、運動を苦手とする人達にも是非知ってもらいたいという気持ちになり、スポーツインストラクターになりました。


そうとはいっても、スポーツクラブで仕事をするまでは、代表的なエクササイズを少しやる程度でそこまで詳しくはありませんでした。そこでトレーナーの学校に入学して知識を学ぶのと同時に20代半ばで筋力トレーニングを本格的に開始しました。


トレーニングは自分自身との戦いなので、ボクシングの時よりもどんどんのめり込むのと同時にもっと知識を深めたいという欲求が高まってきました。そしてどうせ勉強するなら国家資格を取った方が高度な勉強になる上、今後さまざまな道も広がると思い、柔道整復師の専門学校に入学しました。


そこから、朝は国家資格の専門学校に行き、午後はトレーナーとしての勉学に励み、夜はトレーニング指導の仕事をするといった生活になりました。初めて勉強する医学の分野では苦労することもありましたが、非常に充実した日々でもありました。
 


そんな3年間を過ごし、無事に柔道整復師を取得後は、鍼灸師も併せて取得しておいた方がもっと奥が深まると思い、そこから更に3年間鍼灸師の専門学校にも通いました。また、トレーニング指導と専門学校の合間には、治療家としての勉強のため整骨院にも勤め、運動療法をはじめとするリハビリトレーニング・包帯やテーピング処方・マッサージ・はりきゅう治療などの修行も積んできました。


そして土日はスタジオインストラクターとしてグループレッスン(格闘技やピラティスなど)の仕事をするなどをして、一日があっという間に過ぎていく日々を合計で6年間、怒涛の如く駆け抜けました。


そして、トレーナー資格を取り、国家資格を取り、競技ボディビルをやって自信が出てきたところでようやくパーソナルトレーナーとしてデビューしました。ただいざやってみると、なかなかうまくいかず悩む日々が続きました。


当時は「これだけの知識と経験があるから、やりはじめたらどんどん予約は入るだろう」という甘い考えだった上に、技術系のセミナーや勉強会に多数参加して腕を磨けば大丈夫だろうと勘違いもしていました。しかし、今思えば自分を売り込むための努力を何もせずに成功するわけがなかったのです。



そんなある時、友人からこんなことを言われました。

友人「糸井君は器用貧乏だよね

糸井「えっ、どういうこと?」

友人「糸井君は、トレーナーの他に格闘技やピラティスなどの指導を持ち、更に自らの身体で実践するためにボディビルをやっている。そして、はりやお灸などの治療の仕事もできる。確かにそれはすごいよ。でも、それではお客様に対してどれが一番いいものなのか伝わらないんじゃないの?


はっ、と目が覚める思いでした。

今までは技術や知識などを向上させることばかりに目がいってしまい、何でもできるトレーナーという肩書の、まさに「器用貧乏」という枠に収まっていました。これでは、ただ単に自己満足の世界であるとようやく気づいたのです。そこからは「何でもできるトレーナー」から「専門的トレーナー」になることを決意しました。

そこで自分にしかできないことを必死になって考えました。そして考えに考え抜いた結果、

ボディビルで学んだトレーニングのノウハウ」に

治療で培ったケガをさせないノウハウ」と

グループレッスンで培った楽しさを提供するノウハウ

を融合させたものが自分にしかできないものと確信しました。


まずは、自分自身の身体で幾度となく実験をして、どこまでがきつく感じるポジションなのか、またどこまでがケガをしない安全な範囲なのかを細心の注意を払いながら繰り返し行ってきました。そして開発を始めて1年ほど経過して、ある程度「自分なりの形」が完成してきた時に、ちょうどボディビル選手権があったので、効果を試す絶好の機会でしたのでコンテストに出場しました。


前回は4位と中途半端な結果でしたので、意気込みもありましたが何だか落ち着いていました。トレーニングを続けてきて、自分でも不思議なくらい自信があったからです。そして結果は、悲願の優勝を果たすことができました。やはり身体はやれば確実に変わるものだと再確認でき、またこれをサービスとして提供できれば、ハッピーになれる人がたくさんいるはずだと強く感じたのです。



私のトレーニングでは、ただ厳しいだけでなく、その中にも楽しさももちろんあります。だからこそ自分でも目標を達成できたと思っていますし、楽しくなければ続かないからです。

また皆さんにカッコいい身体の提供だけを考えているわけではありません。その身体を手にした先にはワクワクする出来事がたくさん待ち受けているということを伝えたいのです。例えば、


 「Tシャツ姿が最高のオシャレになる

ということや

 「スパやプールでいつも注目の的になる


などといった新しい刺激を皆さんとともに共有したいのです。


このような情熱のもと、現在「カッコいい身体作り」専門パーソナルトレーナーとしてお客様にハッピーを提供するため毎日奮闘中です。

 

 

国家資格

柔道整復師

 

0000340332.jpg

 


昔は、「ほねつぎ師」や「接骨師」として知られていますが、分かりやすくいうと「接骨院」の先生です。

資格を取得するには高校卒業以上の学力を有し、厚生労働省の許可した専門の養成施設(3年間以上修学)か文部科学省の指定した四年制大学での修学が義務とされています。

科目として
 ①解剖学
 ②生理学
 ③運動学
 ④病理学
 ⑤衛生学
 ⑥公衆衛生学
 ⑦関係法規
 ⑧リハビリテーション医学
 ⑨一般臨床医学
 ⑩外科学概論
 ⑪整形外科学
 ⑫柔道整復理論
を履修しなければなりません。

  専門学校か四年制大学を卒業すると「受験資格」が得られ、その後国家試験を受け、合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師として活動が行えます。


 

はり師・きゅう師

 

0000340333.jpg

 

 

 

0000340334.jpg

 

 

通常、「鍼灸師」としてひとくくりにしていますが、実はそれぞれ「はり師」「きゅう師」と別々の資格となります。

資格を取得するには高校卒業以上の学力を有し、厚生労働省の許可した専門の養成施設(3年間以上修学)か文部科学省の指定した四年制大学での修学が義務とされています。

科目として
 ①医学概論
 ②衛生学・公衆衛生学
 ③関係法規
 ④解剖学
 ⑤生理学
 ⑥病理学概論
 ⑦臨床医学概論
 ⑧臨床医学各論
 ⑨リハビリテーション医学
 ⑩東洋医学概論
 ⑪経絡経穴概論
 ⑫東洋医学臨床論
を履修しなければなりません。

  専門学校か四年制大学を卒業すると「受験資格」が得られ、その後国家試験を受け、合格すると厚生労働大臣免許のはり師・きゅう師として活動が行えます。

 

 

その他の資格

NSCAーCPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)
 

0000539444.jpg

 


NSCAとは全米ストレングス&コンディショニング協会といって、世界52ヵ国にわたり、さまざまな職種(ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、医師、フィットネスインストラクター、研究者など)の方が会員として所属しています。

NSCAーCPTでは、契約したクライアントと1対1(1対複数の場合もある)で、エクササイズ指導を行う職業です。対象となるクライアントは、スポーツ選手だけでなく、健康、体力作りを目的とした一般の人、医療的な問題を抱え、リハビリテーションを目的とした人など多岐に渡ります。そのため、様々な目的に応じたエクササイズプログラムを作成し、指導を行うことができるよう、幅広い知識が必要となります。

 

 

2015年 埼玉ボディビル選手権動画


2015年埼玉ボディビル選手権 65㎏級ポーズダウン


2015年 埼玉ボディビル選手権(優勝)


写真をクリックするとフォトギャラリーのページへリンクします!

 

 

2016年 ボディビル・グアム親善試合(優勝)


写真をクリックするとフォトギャラリーにリンクします。

 

 

趣味・趣向など

0000513081.png
趣味 アニメ鑑賞 好きなアニメ(ガンダムシリーズ、ソードアート・オンライン、夏目友人帳など)
好きなボディビルダー アーノルド・シュワルツェネッガー(トレーニング理論)、ドリアン・イェーツ(栄養学)
トレーニングルーティン 月曜(胸)、火曜(背中)、水曜(二頭)、木曜(ハム)、金曜(肩)、土曜(三頭)、日曜(四頭)
 

 

 

 

「お客様の声」多数いただいております!

※写真をクリックすると詳細ページが開きます。

 

 

 

今すぐ無料カウンセリングに申し込む

 

 

 

 

 


契約場所:BIGBOX高田馬場西武フィットネスクラブ (新宿区高田馬場) 
http://www.bigbox-baba.jp/fit_b/

 

 

 



 

 

 

フォトギャラリー

Facebookにてトレーニングやダイエット関連の情報を発信中

Facebookは 『糸井克徳』  でご検索ください。 
または画像をクリックするとページにリンクします

Ameba ブログにてボディビルやダイエットなどの情報を発信中

Ameba ブログ
「糸井トレーナーの主にボディビルなブログ」
『糸井トレーナー』でご検索下さい。 

画像をクリックするとブログページにリンクします


 

 

Youtubeで動画によるトレーニングやダイエット関連の情報を発信中

 
詳しくは 『糸井トレーナー』 でご検索下さい。
画像をクリックするとページへリンクします。
 
 

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!