カッコいい身体を作る・ダイエットを成功させる
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳  公式サイト

9月限定・体験セッション(通常料金の半額以下)を実施中! お申し込みはお早めに!

TOPページバナー2018.7

TOPブログページ ≫ お客様からの質問 ≫

ブログページ

ダンベル種目のスタートポジションとは

インクライン・ダンベルプレス⑤
「ダンベルベンチプレスなど、どの位置からスタートしたらよいか迷ってしまうんです」といった相談を受けました。ダンベル系の種目はバーベル以上に不安定であり、スタートポジションに持ってくるだけでも大変な時がありますよね。特にダンベルでのインクラインベンチプレスやショルダープレスは、きつく感じることもあるかと思います。
2018年09月15日 23:34 |続きを読む|

パンプアップの効果

マスキュラーポーズ②
「何だか急にデカくなったような気がするのですが、どうしたんですか」とあるセッションでの一コマです。私の身体を見て、お客様が驚いていた様子です。急激に体重を増やしたということではなく、セッションの前にトレーニングを済ませておいたのですが、その時はたまたまパンプアップが顕著に現れていたというわけです。
2018年09月15日 23:34 |続きを読む|

2セット目の方が動きやすかったのですが

45度プレス③
「1セット目より疲れているはずなのに2セット目の方がやりやすく感じるのはなぜですか」といった相談を受けました。回数を重ねれば重ねるほど、疲れは溜まってきます。後半になるほど疲れてくるのは当然なのですが、2セット目の方が動きやすく感じたりすることがあります。アップを済ませてからメインセットに入るまで、メインの重量は行っていません。
2018年09月09日 23:33 |続きを読む|

横(外側)への動きが苦手な理由

⑧アブダクション(中殿筋)
「下半身のトレーニングで、外側に広げたりするエクササイズが特に苦手なんです」といった相談を受けました。外側に広げるエクササイズでいえば中殿筋などを鍛える「アブダクター」がありますよね。その他に脚を外側に踏み出す「ラテラルランジ」などがあります。
2018年09月09日 23:29 |続きを読む|

グリップの幅で違うこととは

プルダウン(ワイドグリップ)①
「ワイドグリップやナローグリップなどグリップ幅を変えることによって、どのように変わってきますか」といった相談を受けました。ラットプルダウンやデッドリフトなど特にプル系のエクササイズでは、グリップによって変化を持たせたりしますよね。まずはワイドグリップですが、こちらでは持ち手が広がるため、プルダウン などの種目では広背筋のうち特に外側部に刺激が入りやすくなります。
2018年09月05日 19:08 |続きを読む|

下半身と上半身とで筋肉痛に差があるのは

ハックスクワット③
「下半身のトレーニングの後は、上半身と比べて筋肉痛が長いし痛いんです」といった相談を受けました。スクワットやレッグプレスを行なった後は、筋肉痛の期間が長かったり痛みが強かったりしますよね。酷い時には、筋肉痛が一週間ほど続いたりなんてこともあります。
2018年09月05日 19:02 |続きを読む|

日焼けで失敗しないために

gahag-0022657140-1
「外で焼いていたら、皮膚が真っ赤になってしまいました」といった相談を受けました。天気がいいと、つい焼きたくなってしまい ますが、色が白い方は気をつけなければなりませんよね。そして、その天候を逃さないために「一気焼き」をしちゃおうとしてしまうことも多いのではないでしょうか。
2018年08月30日 00:07 |続きを読む|

普段やらない部位は筋肉痛になりやすい?

gahag-0088978113-1
どこの部位でもあまりやらない筋肉を刺激すると筋肉痛になりやすいです。普段運動しない人がたくさん動くとそうなったという話も聞いたことがあるでしょう。ですから動かしていない筋肉には新鮮な刺激となるので、筋肉痛が引き起こされやすいのです
2018年08月13日 00:31 |続きを読む|

トレーニングで歯が痛む?

gahag-0017888528-1
ハードに取り組んでいると知らず知らずのうちに思いっきり歯を食いしばっていることと思います。その方が踏ん張りが効きますから、最後の一押しができるはずです。しかしこの歯を食いしばる行為は、結構歯に対して圧がかかってしまっているのです。
2018年08月13日 00:24 |続きを読む|

10回のセットがベストですか?

フロントスクワット⑤
基本的なセットの組み方として、1セット概ね10回で行うやり方が、ベターな組み方ではないかと思います。このセットは「筋肥大系」といわれ、初心者から上級者までどのレベルでも方でも、効果的な刺激を得ることができます。しかし上をいくには…
2018年08月13日 00:20 |続きを読む|

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!