カッコいい身体を作る・ダイエットを成功させる
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳 公式サイト

初回は無料カウンセリング! ダイエットを成功させたいあなたをお待ちしております!

TOPページバナー2019.1

TOPブログページ ≫ お客様からの質問 ≫

ブログページ

上腕三頭筋長頭(二の腕)を個別に鍛える

オーバーヘッド(ダンベル)冒頭
「二の腕に効いている感じがしないのですが、どうやったら良いですか」といった相談を受けました。二の腕といわれる上腕三頭筋の長頭腱は、肩関節を跨いで肩甲骨に付着しているので、刺激するには角度や向きを気をつけなくてなりません。プッシュアップやプレスダウンでは主に上腕三頭筋の外側頭を刺激するので、それだけでは二の腕には充分とはいえません。
2018年11月21日 20:04 |続きを読む|

デッドリフトで効く場所は

180㎏デッドリフト(後面)
「デッドリフトを行っていても、どこが効いているのか分かりま せん」といった相談を受けました。トレーニングをしていても、ターゲットとなる部位に効かせられているか分からないこともあるかと思います。特に自分で視認できない背中のトレーニングはそうなることも多いはずです。
2018年11月13日 21:27 |続きを読む|

ベンチプレスでも体幹を意識する

ベンチプレス90㎏①
「ベンチプレスをやっていると腹筋周辺も痛くなるのですが、これって間違っていますか」といった相談を受けました。ベンチプレスに限らず、バーベルやダンベルを使用したフリーウェイトのエクササイズは、体幹が重要となってきます。体幹とは「コア」という言い方もありますが、これがブレてしまうと軸をうまくキープすることができなくなってしまいます。
2018年11月09日 22:14 |続きを読む|

RMで重量を見極める

インクライン・ベンチプレス④
「70㎏で10回ベンチプレスができるようになったのですが、マックスはどれくらいできそうですか」といった相談を受けました。ある程度重量と回数が増えてくると自分のMAX重量がどれくらいなのか気になってくることだと思います。実際に1RM(最大重量)に挑戦すると、ケガのリスクなどがありますので、RMで換算することが できます。
2018年11月09日 22:06 |続きを読む|

体重を増やすならどれくらい

gahag-0007198149-1
「バルクアップをしたいのですがどれくらい体重を増やしたらよい でしょうか」といった相談を受けました。オフ期に入ると、体重を増やしてバルクアップを図る人も多いことでしょう。目標の体重を設定したら、それに向かって食べ続けるようにしますよね。1回で大量に食べるか、それとも何度かに分けて食べるかはそれぞれのライフワークによります。
2018年11月09日 21:59 |続きを読む|

息を止めるとどうなってしまうのか

ハックスクワット③
「トレーニング中、踏ん張っていると息が止まってしまうのですが、何か悪いことはありますか」といった相談を受けました。確かにスクワットやデッドリフトなど高強度のトレーニングを行っていると「息が止まってしまう」なんてことがありますよね。とくに動作中のスティッキングポイント(きつい)ところで起こります。
2018年10月26日 19:57 |続きを読む|

体幹の意味とは

gahag-0077720267-1
「体幹って言葉を聞くのですがどういう意味なのですか」といった相談を受けました。確かに「体幹」や「体幹トレーニング」というフレーズは、よく耳にします。体幹とは、四肢(両腕両足)を除いた胴体のことをいいます。体組成で測定した時に体幹部が優れている場合は、大胸筋や広背筋などが発達しているとそうなります。
2018年10月26日 19:53 |続きを読む|

体脂肪のパーセンテージに頼り過ぎない

503A0514(トリミング)
「体脂肪率は何パーセントくらいがちょうどいいですか」といった相談を受けました。これに関しては、まず自分自身がどのような体型を目指すかで変わってきます。男性の場合、体脂肪率が15~20%くらいが「標準値」となります。ですからシックスパックを目指すのであれば、体脂肪率は最低でも15%以下にしなければ難しいでしょう。
2018年10月20日 22:08 |続きを読む|

トレーニングの恩恵(血圧降下)

gahag-0073850528-1
「トレーニングを続けていたら、血圧が下がってきました」といった報告を受けました。血圧が高め(収縮期140mmhg、拡張期90mmhg)の状態が継続すると、心臓発作や脳卒中の危険因子となります。なるべくならお薬に頼らずに改善していきたいものですよね。本来、血圧が高めだとウェイトなどのトレーニングは控えるようにいわれるかもしれません。
2018年10月16日 22:52 |続きを読む|

新たな重量に挑戦するには

インクライン・ベンチプレス③
「そろそろ今やっているウェイトから増やしていきたいのですが、何を基準に増やしたら良いですか」といった相談を受けました。筋力(パワー)の向上は、神経系の発達になりそれが筋肥大へと繋がります。もちろん軽めのウェイトで効かせることもできますが、筋肥大をさせていく上で、高重量トレーニングの経験を経てから、そちらに移行することもあるのではないでしょうか。
2018年10月11日 00:24 |続きを読む|

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!