カッコいい身体を作る・ダイエットを成功させる
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳 公式サイト

初回は無料カウンセリング! ダイエットを成功させたいあなたをお待ちしております!

TOPページバナー2019.1

TOPブログページ ≫ 痛みがある時や体調が悪い時の対処方法 ≫

ブログページ

【インクラインベンチプレスで体調を見る】

インクラインベンチプレス90㎏⑥
ジムでのトレーニングを再開して1ヶ月ほど経過しましたが、ようやく挙上重量が元に戻ってきたように感じます。特にプレス系のエクササイズは酷い下がりようでしたから。パワー(筋力)を元に戻すのに必要なことは、やはり高重量(以前の使用重量)を扱うことです。
2020年07月11日 20:07 |続きを読む|

マッサージローラーで筋膜リリース

サムネイル
運動を続けていると疲れが出てきますが、それを放置しているとケガに繋がってしまいます。そこでマッサージローラーを使用した筋膜リリースの方法を紹介しています。大腿部の外側広筋、内側広筋、ハムストリングス、カーフ、前脛骨筋など。
2020年05月16日 20:29 |続きを読む|

スクワットができない場合のバリエーション

バーベル・オルタネイトランジ③
「スクワットが痛くてできない場合、下半身を鍛えるにはどのようなエクササイズがありますか」といった相談を受けました。スクワットは下半身を含め、全身を鍛えるにはもってこいのエクササイズですが、痛みなど影響によりできない場合はランジ系で鍛えるという選択肢もあります。
2020年01月07日 19:19 |続きを読む|

スクワットの代替エクササイズ

45度プレス①
「腰を痛めてしまって、スクワットができないのですが、何か代わりになるエクササイズはありますか」といった相談を受けました。腰を痛めるとスクワットを中心に、パワフルな動作をすることが難しくなってしまいますよね。そんな時はフリーウェイトにこだわることなく、うまくマシントレーニングを取り入れると良いでしょう。
2019年10月14日 20:16 |続きを読む|

ケガをすることで見えること

バーベル・シーテッド⑧
「肩を痛めてしまって、特にプレス系のトレーニングができないのですが、何か対策はありますか」といった相談を受けました。ハードにトレーニングをしているとどこかしら、ケガをすることも多々 あるかと思います。特に肩周辺の痛みは、ほとんどのトレーニーの方が経験しているのではないでしょうか。
2019年09月26日 20:03 |続きを読む|

トレーニングの集中力を持続させる

疲れ④
「トレーニングの最中に集中力が低下しないようにするには、どのようなサプリメントが良いですか」といった相談を受けました。意気揚々とジムに向かっても、中々集中力が続かなかったりすることもあるかと思います。それはエネルギー不足の場合や睡眠不足の場合などのケースが考えられます。
2019年09月18日 20:01 |続きを読む|

リカバリーはどうしたら良いですか

CIMG1044
「最近疲れが抜けにくいのですが、何か効果的なサプリメントなどはありますか」といった相談を受けました。ウェイトトレーニングだけでなく、長距離走などの競技をされている方であれば、疲れについて悩むこともあるかと思います。長時間の運動をしていると、エネルギー不足から疲れを感じてきますよね。ですから運動後速やかに糖質の補給をすることが有効です。
2019年07月20日 23:31 |続きを読む|

疲れてあまり眠れないんです

疲れ③
「最近トレーニングをハードに行っているので、うまく寝つけません」といった相談を受けました。疲れ過ぎると逆に寝付けないなんてこともあることでしょう。私自身も減量中は度々あります。不眠などの対策に『規則正しい生活』がよく推奨されていますが、仕事を抱えているとなかなか難しいことだと思います。そこで挙げられる栄養素は『トリプトファン』です。これは必須アミノ酸の一つで、睡眠や精神安定作用を持つセロトニンを作ります。
2019年06月03日 20:19 |続きを読む|

姿勢を改善するエクササイズ

デッドリフト60㎏④
「猫背が気になるのですが、どのような運動をすると改善します」といった相談を受けました。猫背は女性に限らず、男性にも多く見られます。チェックする事項として・顎の位置が胸よりも前方に来て・両肩が前方に張り出している・背中が丸くなっているなど全てが該当している場合は、すぐにでも改善を心掛けた方が良いでしょう。顎の位置の改善は、顎を引くだけでは足りていないこともあります。そこで「頭の位置を後方にスライドさせる」ようにすると、きれいな位置に戻り安いです。
2019年04月08日 20:08 |続きを読む|

首って鍛えた方が良いですか

スミスマシン・シュラッグ⑧
「バルクアップするのに、やはり首も鍛えておいた方が良いですか」といった相談を受けました。身体を大きくする上で、全身をまんべんなく鍛えることは重要です。そして首回りがゴツかったら、上半身の逞しさを更に演出することできるでしょう。しかし首だけをトレーニングするとなると、注意しなければならないことがあります。元々頑丈な部位でないので、強度を誤ると深刻なケガに繋がるおそれが出てきます。
2019年03月21日 21:15 |続きを読む|

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!