カッコいい身体を作る・ダイエットを成功させる
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳 公式サイト

初回は無料カウンセリング! ダイエットを成功させたいあなたをお待ちしております!

TOPページバナー2019.1

TOPブログページ ≫ トレーニング器具の扱い方など ≫

ブログページ

バーベルとダンベルでのショルダープレス

バーベル・シーテッド④
「ショルダープレスで鍛えるのにバーベルとダンベルどちらが効果的ですか」といった相談を受けました。肩を鍛えるのに用いられる種目としてショルダープレスがあります。器具としては、バーベルやダンベル、それにマシンのもあるので、どれが有効なのか気になるかと思います。そこで今回はバーベルとダンベルのショルダープレスのメリットとデメリットを紹介していきます。
2019年10月07日 22:05 |続きを読む|

リボルビングバーを使ったエクササイズ

リボルビングバー②
「プーリーマシン(ケーブル)にあるアタッチメントでWの形をしているバーはどのように使いますか」といった相談を受けました。プーリーマシンのアタッチメントにはロープやストレートバーなど幾つか種類があります。その中でもEZバーのようにWの形をしたバーがありますが、それはリボルビングバーといいます。上腕三頭筋では、エクステンション系のエクササイズに向いていますし、上腕二頭筋ではアームカールなどに向いています。
2019年03月04日 20:07 |続きを読む|

下背部を強烈に刺激するデッドリフト

スティーブ・リーブス・DL④
「腰の強化をしたいのですが、どんなエクササイズがありますか」といった相談を受けました。下背部(腰)を鍛える代表的なエクササイズに、デッドリフトが挙げられると思います。そのデッドリフトのバリエーションで強烈に刺激するやり方があります。その名も『スティーブ・リーブス・デッドリフト』です。
2019年02月21日 20:12 |続きを読む|

ヘックスバー・デッドリフト

ヘックスバーデッドリフト⑥
「菱形のようなバーはどのようにして使うのですか」といった相談を受けました。ジムによっては菱形のような変わった形のバーが置いてあります。このような形状のバーをヘックスバーといい、デッドリフトを行う時に使用したりします。通常デッドリフトはバーベルで行う時、持ち手はオーバーグリップかアンダーグリップに分かれますが、このヘックスバーを使用するとニュートラルグリップでも行うことが可能となります。
2019年01月12日 19:50 |続きを読む|

ベルトをしなくてはならない種目とは

ベルト使用
「とりあえず、ベルトを巻いているのですが、本来するべきエクササイズはありますか」といった相談を受けました。ジムでウェイトベルトをしている方も多く見られます。施設でレンタルしているところもあれば、マイベルトを持参している方もいらっしゃいますよね。さてこのウェイトベルトですが、椎骨に長軸上の負荷が掛かる多関節運動に対しては、巻いた方が良いでしょう。
2018年09月09日 23:41 |続きを読む|

同じ種目のマシンでも差があります

チェストプレス⑦
「いつもと違うジムでトレーニングした時、チェストプレスなどマシンが、普段やっているマシンよりもやり易かったですんが、どう いうことですか?」といった相談を受けました。普段行き慣れているジムとは違った環境で行うだけでも、新たな刺激が入ってよいものですよね。
2018年08月30日 00:31 |続きを読む|

バーベルの耐久力

0000426306.png
「いつも不思議なのですが、バーベルって何キロくらいまで耐えられるのですか」といった相談を受けました。フィットネスジムに行けば、バーベルは大体一本くらいは置いてあるでしょう。またバー ベルの正式名称は『オリンピックバー』といいます。このバーベルを使えば、ベンチプレスやスクワットなどの様々なエクササイズができますね。
2018年08月30日 00:29 |続きを読む|

ダンベルを丁寧に扱いましょう

ダンベルインクラインプレス②
ジムでたまに見かけますよね『現在修理中です』という貼り紙。フリーウェイトではダンベルエリアで片方が破損中のためもう一方が見当たらなかったりします。こうなっていると、一定期間そのダンベルが使用不能になるので、本当に不便になりますよね。しかも破損中のものに限って、使用頻度の高い重量のダンベルだったりするので.0
2018年08月30日 00:26 |続きを読む|

スクワットでのパッドの使い方

0000409645.png
「バーベルスクワットで、パッドはどんな時に使いますか」といった相談を受けました。パワーラックには、パッドはバーベルとほぼセットで置いてありますよね。長さがおよそ40㎝ほどで厚さが、2~3㎝ほどのタイプが多いですかね。こちらをつけて行うと、背骨にバーベルが食い込まず、痛みを軽減できるといったメリットがあります。
2018年08月30日 00:24 |続きを読む|

マシンによって左右が別々に動くもの

ローロウ(200㎏)①
「マシンで左右が別々に動くものがあるんですけど、どういった違いがありますか?」といった相談を受けました。最近では、フリーウェイトの他にマシン系でも、自由度の高い動きができるものも増えてきましたよね。例えば胸を鍛えるチェストプレスでは、左右両方のグリップが動くものと、別々に動くものがあります。
2018年08月30日 00:20 |続きを読む|

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!