カッコいい身体を作る・ダイエットを成功させる
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳 公式サイト

初回は無料カウンセリング! ダイエットを成功させたいあなたをお待ちしております!

TOPページバナー2019.1

TOPブログページ ≫ トレーニングメニューの組み方など ≫

ブログページ

公園や自宅でも下半身トレーニング

サムネイル
緊急事態宣言が39県で解除になったとはいえ、運動不足を懸念されている方も多いのではないでしょうか。もちろん私自身もその一人です。やはり筋トレを行わないとどんどん筋量が下がっていきます。そこで一番筋肉の多い下半身を鍛えて、筋量ダウンを防いでいくためのエクササイズを紹介しています。
2020年05月15日 19:43 |続きを読む|

チューブで上腕三頭筋を鍛える

キックバック②
自宅トレーニングでは、集中力があまり持たないので、ここのところ短時間でスパッと終わらすようにしてます。今回もチューブを使用してのエクササイズとなります。キックバックとオーバーヘッドトライセプスエクステンションの2種目の紹介です。
2020年05月01日 20:00 |続きを読む|

チューブで肩を3方向から鍛える

snapshot4
現在自宅トレーニングで悩みの方も多いのではないでしょうか。通販サイトでは、可変式ダンベルや簡易パワーラックなどが売り切れ続出中ですよね。。。というわけでチューブのみで肩を鍛えていきます。肩の三角筋は、前部・中部・後部の3部位から構成されていますから各部位ごとに刺激していきます。
2020年04月26日 20:52 |続きを読む|

背中を鍛える(チンニング&斜め懸垂)

snapshot4
ジムが休業中ですが、公園の器具を使用して背中を鍛えます。まずはチンニングです。あまり高く引き上がると頭をぶつけるので、ハーフポジションくらいです続いて斜め懸垂(インバッティドロー)です肩幅より少し広めのスタンスで握って上体を引き上げます目安は顎の高さくらいまで引きます。
2020年04月24日 19:21 |続きを読む|

土日だけでもマッチョになれる?(メニュー例)

サムネイル
トレーニングのルーティンを組む時に、仕事の都合で土日になることが多くなる方も多いのではないでしょうか。これは以前私自身がそうだったのですが、土日にしかトレーニングができなかった時期に、土日両方とも同じメニューをこなしていました。これってトレーニングの原則からすると、あまり効果的なやり方ではありません。そういった経緯があることから、土日で行う場合のメニューの組み方を幾つが紹介しています。
2020年04月13日 20:57 |続きを読む|

週1回ならどう鍛える?(メニュー例を紹介)

サムネイル
忙しくてなかなか時間が取れず、ジムに週1回しか来れないという方も多いかと思います。そんな時どのようにすれば、肉体をうまくキープできるか…それには大きな筋肉(大筋群)を多関節運動(複数の関節が絡む動作)で鍛えるということです。その詳細を動画で説明しています。
2020年04月09日 20:15 |続きを読む|

たった2種目の自宅トレでも筋肉痛はバリバリ

シシースクワット②
自粛要請が続いているということでここ1週間はずっと家に引き籠もっています。そんな中でもトレーニングはしていかなくてはという謎の使命感(?)で家でやれるだけのことはしています。やれる内容は制限されてくるのですが、はたったの2種目で、本日筋肉痛がバリバリになりました。
2020年04月06日 20:28 |続きを読む|

パワーラックが混雑時に使える足のエクササイズ

シシースクワット
「ジムに来るといつも混雑していてなかなかパワーラックでスクワットができないんですが、そんな時どのようなエクササイズをしたら良いですか」といった相談を受けました。平日の夜の時間帯など、フリーウェイトエリアが一番混むという問題は、どこにでもあるかと思います。そんな時に使える足のエクササイズを紹介していきます。
2020年03月06日 21:19 |続きを読む|

肩をネチネチ鍛えるサイドレイズ

ケーブル・サイドレイズ⑥(ワンハンド)
「ショルダープレスやアップライトローなど高重量で鍛えているのですが、刺激変化させるにはどのようなメニューがありますか」といった相談を受けました。肩だけとは限らず、胸や背中など高重量でトレーニングしたい方も多いのではないでしょうか。そこでサイドレイズなどのアイソレーションエクササイズを軽めの負荷で鍛えると良いでしょう。
2020年03月01日 20:06 |続きを読む|

下半身を週2回鍛える場合のメニュー例

シングルレッグプレス④
「下半身の強化をしたくて脚の日を週2回行おうと思っているのですが、どのように組んだら良いでしょうか」といった相談を受けました。下半身のトレーニングといったら強度が高いために、週1回で行っている方も多いかと思います。そんな場合下半身のメニューを分けて行うという手もありますが、簡単な分け方として下半身の前面と後面で分けることができます。
2020年02月08日 20:28 |続きを読む|

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!