カッコいい身体を作る・ダイエットを成功させる
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳 公式サイト

「ウェストを引き締める(PDF)」はTOPページ下より無料でダウンロード可能です!

TOPページバナー2019.1

TOPブログページ ≫ ダンベルを丁寧に扱いましょう ≫

ダンベルを丁寧に扱いましょう

ダンベルインクラインプレス②

 

 

ジムでたまに見かけますよね『現在修理中
です』という貼り紙。

 

 

 

フリーウェイトではダンベルエリアで片方
が破損中のためもう一方が見当たらなかっ
たりします。

 

 

 

こうなっていると、一定期間そのダンベル
が使用不能になるので、本当に不便になり
ますよね。

 

 

 

しかも破損中のものに限って、使用頻度の
高い重量のダンベルだったりするので(汗)

 

 

 

さてダンベルの破損を防ぐには、丁寧に取り
扱うのが一番ですが、きちんとしたテクニ
ックがあります。

 

 

 

オン・ザ・ニー・テクニックです。

 

 

 

 

ダンベル系の種目を行うのにあたって、スタ
ートポジションに入る時は自然とやっている
のかもしれません。

 

 

 

 

こうすれば、安全にスタートポジションに
入ることができます。

 

 

 

ただ。。。

 

 

 

終わったら、そのままポイって落としたり
している人も残念ながらいるんですよね。

この後に、ドンっ!って・・・。

 

 

 

 

乱雑に落とすと、その反動でダンベルが破損
してしまうのです。しかも大きな音がします
から、周囲の人への配慮にも欠けます。

 

 

 

悲しくなりますね。

 

 

 

ですから、終わった後もいきなり落下させる
ことをせず、オン・ザ・ニー・テクニック
で丁寧に戻します。

 

 

 

ダンベル種目は戻すまでがトレーニングです
からね。

 

 

 

 

もし落下させるのであれば、予めジムで用意
されている”落下用パッド”や専用のマット
などを使用して、ダメージを軽減させてあげ
ましょう。

 

 

 

皆が快適行えるように、気配りをし合って
いきましょうね~

 

 

 

 

 

お客様の声多数いただいております!

0000540054.png

※写真をクリックすると詳細ページが開きます。

 

 

 

 

 

今すぐ無料カウンセリングに申し込む

0000541266.png





契約場所:BIGBOX高田馬場西武フィットネスクラブ (新宿区高田馬場) 
http://www.bigbox-baba.jp/fit_b/

 



 

2018年08月30日 00:26

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!