カッコいい身体を作る・ダイエットを成功させる
高田馬場パーソナルトレーナー 
糸井克徳 公式サイト

モニターを募集します(残り1名様)! 詳細はTOPページよりご確認いただけます!

TOPページバナー2019.1

TOPブログページ ≫ 脂肪はできるだけカットした方が良いのか? ≫

脂肪はできるだけカットした方が良いのか?

オリーブオイル



「ダイエットのために脂肪はできるだけ
摂らないようにした方が良いですか」



といった相談を受けました。

 



「脂肪=身体に悪い」のようなイメージ
があるのかもしれませんね。



確かに過剰な摂取をしていると、


・高コレステロール
・高脂血症
・動脈硬化


などを引き起こすリスクが上昇します。

 

 



しかし脂肪は人体を構成するのに必要
な栄養素で、これが不足すると血管や
細胞膜が弱体化し、脳出血の可能性が
高くなってしまいます。



また脂質の一種であるコレステロール
は、性ホルモンの成分となるので筋肉
をつけるのにも必要な存在です。



ですから、過剰摂取にならないように
した上で、その摂るべき種類を取捨選択
していくことが重要なのです。



まず脂肪(中性脂肪)の中の脂肪酸に
ついて簡単に紹介します。



脂肪酸には大きく分けて飽和脂肪酸と
不飽和脂肪酸の2つがあります。



飽和脂肪酸はラードやマーガリンなどが
該当し、中性脂肪や血中コレステロール
値などが上昇して、高血圧や高脂血症
などの要因となります。





一方の不飽和脂肪酸は、人体に良い影響
を与えるものが多いです。種類が多岐に
分かれていますので、代表的なものを
挙げていきます。



オレイン酸(一価不飽和脂肪酸)





これはオリーブオイルやキャノーラ油
などがこれに該当します。作用として
血中コレステロールの低下があります。



サラダやパスタなどにオリーブオイル
をかけたりするのは良い選択です。


アラキドン酸(オメガ6脂肪酸)





これは卵白やレバー、アワビなどに
含有されています。作用として血圧や
免疫系の調節を行います。



アラキドン酸は必須脂肪酸なので、
食事からでないと体内で合成する
ことができません。



卵白であれば、気軽に摂取することが
可能だと思います。


α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)

 

 



亜麻仁油やごま油、クルミなどに多く
含有されています。作用としてはアレ
ルギー疾患の予防や高血圧、心疾患
などの予防です。



調理をする時、亜麻仁油やごま油など
で調理するのも良いですし、間食に
クルミなどを取り入れるのも良い
でしょう。




DHA、EPA(オメガ3脂肪酸)





いわゆる魚油のことです。マグロやサバ、
サンマなどの青魚に含有されていること
が多いです。



作用はとしては、中性脂肪の低下や
高血圧や動脈硬化などの予防など身体
に良いことばかりです。



刺身や焼き魚、缶詰など摂取方法は様々
なので、食卓に並べるのにも苦労はしない
と思います。



以上のように、不飽和脂肪酸の

・オレイン酸(オリーブオイル)
・アラキドン酸(卵白やレバー)
・α-リノレン酸(亜麻仁油やクルミ)
・DHA、EPA(青魚)

などはダイエットをしているのかどうか
関係なく、積極的に摂取しておいた方が
良いでしょう。

 



ただ、いくら身体に良いといっても
過剰摂取をすると、不具合を生じて
きますから、適量にして下さいね~


参考文献
栄養の基本がわかる図解事典(成美堂出版)


 

 

 

 

「お客様の声」多数いただいております!

お客様の声(数値入り)2018.11月

※写真をクリックすると詳細ページが開きます。

 

 

 

 

 

 

 

今すぐ無料カウンセリングに申し込む

0000541266.png

 

 

 

 

 


契約場所:BIGBOX高田馬場西武フィットネスクラブ (新宿区高田馬場) 
http://www.bigbox-baba.jp/fit_b/
 

 

 

 

 

 

 

2019年02月19日 20:02

モバイルサイト

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトスマホサイトQRコード

パーソナルトレーナー 糸井克徳 公式サイトモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!